[BACK]


>Jul 17,2015 (Fri) 01:57 - [雑記] プラスの情報で世の中を変えたい、と思うなど

7月11日、任天堂の岩田社長の訃報を自分が知った後、ネット上の動きを眺めながら何となく考えた事とかを書き留めてみる。

岩田社長が亡くなってネット上は追悼や惜しむ言葉、これまでの数々のエピソードが溢れてたわけだけど、中には散々任天堂をおとしめてきたサイトが手のひら返ししてるような事もあり、なんだかなーと思ったりもしてたんですが。
自分が楽しい、素晴らしいと思ってること、プラスの感情を周囲に伝えようとしていますか?
ボクが見ている範囲の話ですが、自分がかなり入れ込んでいる写真関連でもストリートファイター関連でも、製品・作品を不良品、クソゲーと罵るばかりの人が一定数いるように思います。

例えば、ストリートファイターIVがリリースされちょうど7年が経過しようとしています。(アーケード版がリリースされたのは2008年7月18日)
7年プレイしていたらさすがに飽きる人も多いと思いますが、それなりに長い期間プレイしてきて、それを表す言葉が「クソゲー」だけなのでしょうか。
自分はそうは思えません。

スト4をプレイすることで、交友関係がものすごく広がりました。
プレイしていなかったら出会う事が無かった人もかなり多いです。
かなり特殊な例だと思いますが、15年連絡を取っていなかった地元の当時のゲーム仲間と再会する、なんてこともありました。
もちろん、バランス的にこれどうなの!って思う事もあるし苦手な対戦相手に10連敗したら「こんなゲームやってられるか!」と思う事もあります。
でも、勝てば「やってやった!!!」って思うし、やっぱりそういう事も含めて「楽しい」なんですよね。
写真・カメラも同様で、不満が全くないわけではないけど、基本的に楽しい、と思ってます。
でなければ、こんなに一生懸命になれない。

不満を広めているだけでは、良い変化は生まれないと思います。
カメラが使いやすいことや、ゲームが面白い事は「わざわざ言う必要のない当たり前のこと」なのかもしれません。
それでも自分はちゃんと伝えていきたい。
プラスの情報発信を怠った結果、後悔する可能性もきっとあるから。

格闘ゲーム関連でもう一つ。
定期的に「格闘ゲームは何故廃れたか」みたいな話を見かけますが、自分はこの話は間違っていると考えています。
確かに、自分の周囲の人の大半が格闘ゲームをやっていたという状態から考えると廃れているように見える事もあると思います。
しかし実際は、ネットで日常的に対戦が行え、常に誰かが動画配信をしていて、プレイヤーは世界に広がり、世界各国から人が集まる大会が開催される。
という、スーパーファミコンでストリートファイター2をプレイしていた頃からは考えられないほど、大きくなっていると思います。
ちょうど17日からラスベガスで世界最大級の格闘ゲームイベント EVO2015 が開催されます。(日程等は格ゲーチェッカーさんが見やすいです。)
日本からも200人以上が参加するようです。
動画配信もされるので、是非色んな人に近年格闘ゲーム業界で何が起きているのか、という事を見て欲しいなと思います。
そして、少しでも面白いと思うなら周りの人に面白かったと言うことを伝えてほしいなと、願っています。



名前とか: (省略可)
コメント:

パスワード:


上に表示されている画像に書かれている文字を入力してください。:

[BACK]